テーマファイルを「LION MEDIA」に変更

テーマファイルを「LION MEDIA」に変更

WordPressのインストールが完了しました!

サイトのデフォルトテーマでは何か物足りない

デフォルトのテーマファイルはTwenty Seventeenです。(ver.4.9.8)

このままでもいいんですが、どーせならデザインも変えたい。
機能も沢山ついている方がいい。

ということで、色々探した結果「LION MEDIA」というテーマに辿り着きました。

いい感じじゃないか。
よし、これを使おう!

 

テーマファイルのダウンロード

開発元のfit Web Createさんのテーマ配布ページにアクセス。
[無料テーマ-ダウンロード]ボタンを押します。

 

「ユーザー名」と「メールアドレス」を入力して[登録]ボタンを押す。

 

入力したメールアドレスに「ログインページ」のURLが送られてくるので、アクセスします。

 

[ダウンロードページへ]ボタンを押します。

 

[無料テーマ-ダウンロード][子テーマ-ダウンロード]ボタンを押してダウンロードします。

 

●子テーマとは
テーマがアップデートされた場合に影響が出ないようにするためのもの

 

ダウンロードできました。

 

テーマをインストールするのだ

親テーマのインストール

ダッシュボードの「外観」を選びます。

 

[テーマのアップロード]ボタンを押します。

 

[ファイルを選択]ボタンを押し、ダウンロードした親テーマのzipファイル(lionmedia-200.zip)を選択します。

 

[今すぐインストール]ボタンを押します。

 

親テーマのインストール完了です。

 

子テーマのインストール

同様にして子テーマもインストールします。
ダッシュボードの「外観」から[新規追加]ボタンを押します。

 

[テーマのアップロード]ボタンを押します。

 

[ファイルを選択]ボタンを押し、ダウンロードした子テーマのzipファイル(lionmedia-child.zip)を選択します。

 

[今すぐインストール]ボタンを押します。

 

子テーマのインストール完了です。[有効化]を押してください。

 

インストールされました。

 

テーマ「LION MEDIA」の優れている点

55種類の機能が標準で備えられてAMP対応・SEO最適化

1. NO JavaScript(CSSの非同期読み込み機能と、ヘッダーのメニュー切り替えのみにJavaScript使用)
2. W3Cの規格に基づくマークアップでエラーなし
3. モダンブラウザに最適化のため、IEは非対応(11は表示されると思う)
4. 管理画面の投稿・固定ページのビジュアルエディタは、実際に表示されるデザインとほぼ同じ
5. 管理画面の投稿一覧に、IDと閲覧数、サムネイル画像を表示
6. 管理画面の投稿一覧は、閲覧数で並び替え可能
7. 管理画面からテーマの更新が可能
8. 簡易お問い合わせページが標準で備わっている
9. 固定ページを利用してランキングページを作成可能
10. パンくずリストと投稿記事は構造化データを用いたマークアップ済み(schema.org)
11. 記事上、記事下用のウィジェットエリアがある
12. フッターは、左、中央、右の3か所にウィジェットエリアがある
13. TOPページ用のウィジェットエリアがある
14. サイドバー固定表示用ウィジェットエリアがある(スクロールに追尾)
15. 広告用ウィジェットアイテムがある
16. 人気記事用ウィジェットアイテムがある(表示件数自由)
17. 画像付き最新記事ウィジェット搭載(通常の新着機能ウィジェットをカスタマイズ)
18. 必要十分な細かなSEO対策が施せる(ページ単位でdescriptionやmeta robotの設定が可能)
19. CSS非同期読み込みが選択可能(レンダリング速度が速くなる)
20. OGPの設定もカスタマイズが可能
21. 検索対象を「投稿・固定ページ」「投稿ページのみ」「固定ページのみ」と切り替えられる
22. アーカイブページに利用される投稿の抜粋文字数を指定可能(抜粋表示はが優先)
23. レイアウトを1カラム2カラムと選択可能(アーカイブ・投稿・固定ページすべて設定可能)
24. カテゴリアーカイブページにカテゴリの説明文章を表示可能
25. ロゴを設定可能(ロゴが無い場合は【設定】→【一般】の「サイトのタイトル」を表示)
26. ヘッダーに注目検索キーワードを設定可能
27. トップページにピックアップ記事を設定可能(3件表示)
28. トップページにランキングボックスを表示可能
29. トップページに全カテゴリの新着(1件)表示ボックスを表示可能
30. 投稿者のプロフィールを簡単にカスタマイズ可能
31. copyrightを自由に書き換え可能
32. copyright下のリンクや文字列を非表示にできる
33. AMP対応(通常ページとデザインがほぼ同じ)
34. AMPページがGoogleの検索結果でカード表示された時用のロゴ画像を設定できる
35. AMPページでも記事上と記事下に広告が設置可能
36. AMPページ用にTwitter、Instagram、YouTubeの埋め込みが自動で変換される
37. 投稿ページの投稿者情報の表示/非表示の選択が可能
38. 投稿ページの同一カテゴリ新着6件の表示/非表示の選択が可能
39. 投稿ページの目次の表示/非表示の選択が可能(目次は専用のショートコードで表示場所を自由に変更可能)
40. 投稿ページの関連記事の表示/非表示の選択が可能(表示数も1から10で選択可能)
41. 投稿ページのシェアボタンの表示/非表示の選択が可能(シェアボタンもJS不使用で軽量)
42. 投稿ページのシェアボタンの表示項目が6つある(Facebook、Twitter、Google+、はてぶ、Pocket、LINE)
43. Google AnalyticsはトラッキングIDだけあれば設定完了
44. AMPページ用のGoogle AnalyticsのトラッキングIDも登録可能
45. Google Search Consoleも認証IDだけで設置可能
46. 2パターンあるベースデザインはすべてハイクオリティ
47. 無限に選べるテーマカラーと、様々なカスタマイズを駆使すればオリジナリティを表現可能
48.【追加】Ver.1.1.0から記事アーカイブに表示するタグ数を制御できる機能を追加
49.【追加】Ver.1.1.0からダブルレクタングル広告を簡単に表示できる機能を追加
50.【追加】Ver.1.2.0からとタグの直上に自由にタグを記述できる自由入力エリアを追加
51.【追加】Ver.2.0.0からHeader最上部にお知らせを表示する機能を追加
52.【追加】Ver.2.0.0から投稿日の表示/非表示機能追加
53.【追加】Ver.2.0.0から記事の終わり部分にCTAエリア追加
54.【追加】Ver.2.0.0からインフィード広告登録枠を追加
55.【追加】Ver.2.0.0から記事中にアドセンス等の広告を挿入するショートコード追加

出典:fit-jp.comより引用

カスタマイズも楽しそうだねー。

こんなに優秀なテーマが無料だとは。。fit Web Createさんに感謝!

Web制作カテゴリの最新記事