WordPressのローカル環境を構築「Local by Flywheel」を使ってみた

WordPressのローカル環境を構築「Local by Flywheel」を使ってみた

WordPressを使うためには「PHPとMySQLが動くサーバー」と「ドメイン」が必要となります。

ですが、いきなりお金をかけなくても大丈夫!!

Local by Flywheel」という無料のツールを使って、自分のPCにWordPressが動く環境を構築すれば良いのです。

自分のパソコンで色々試行錯誤を繰り返した後にサーバーやドメインを契約するのもアリですね。
カスタマイズする際にもローカルで確認してから、アップするという手順もできますし、何かと役に立ちますよ。

では、早速ご紹介していきましょう。

 

公式サイトよりLocal by Flywheelをダウンロード

公式サイトにアクセスします。


https://local.getflywheel.com/

 

まずはインストーラーをダウンロード。
[FREE DOWNLOAD!]をクリックしてください。

 

OS(MacかWindows)を選択。
「メールアドレス」を入力後、[GET IT NOW!]ボタンを押します。


(今回はWindows版で進めます)

他にも入力項目がありますが、メアドのみ入力すればダウンロードは可能です。

 

ダウンロードが始まります。

 

インストーラーがダウンロードされました。


(windows版のインストーラーです)

 

Local by Flywheelのインストール

インストーラーをダブルクリックしてインストールを開始します。

 

セットアップが完了すると、以下のようなダイアログが表示されます。
[いいえ]を押して先に進みましょう。

 

「Welcome to Local by Flywheel!」の画面が表示されるので[LET’S GO!]ボタンを押します。

Windowsの場合は「VirtualBoxのユーザーアカウント制御」ダイアログが表示されると思うので、[はい]を選択してください。PCが強制的に再起動させられます。

 

再起動後、Local by Flywheelのショートカットがデスクトップ上に作成されているので、ダブルクリックして起動します。

 

VirtualBoxがインストールされているを確認して、再度[LET’S GO!]ボタンを押します。

 

Host Machineのインストールが開始されます。

インストールにはそこそこ時間がかかります。トータル30分といったところでしょうか。気長に待ちましょう。

 

ローカルサイトの作成

全てのインストールが完了したら、Local by Flywheelが立ち上がり、以下のような画面が表示されます。
[+ CREATE A NEW SITE]ボタンを押してください。

 

サイト名を入力

「What’s your site’s name?」の画面が表示されるので、半角英数字でサイト名を入力し[CONTINUE]ボタンを押します。
ここで入力した名前はサイト名にも使われます。

日本語のサイト名は使用できませんが、後でWordPressの管理画面上で変更可能です。

 

ローカル環境の設定

[Preferred]を選択したまま[CONTINUE]ボタンを押してください。
[Custom]を選んでPHPのバージョンやWEBサーバーの種類を本番環境と合わすことも可能です。

 

WordPressの設定

WordPressにログインする際の管理者ユーザー名とパスワード、メールアドレスを入力します。
メールアドレスはデフォルトのままで大丈夫です。
ここではユーザー名を「admin」、パスワードを「password」として[ADD SITE]ボタンを押してください。

 

ローカル環境の構築が始まるのでしばらく待ちます。

途中に何度か「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というダイアログが表示されますが、全て[はい]を選択してください。

 

ローカル環境の構築完了

ローカル環境の構築を終えると、以下のような設定概要の画面が表示されます。

 

「PHPのバージョン」と「サーバー」は、後からでも設定変更可能です。
私の場合、本番環境のサーバーが「Apach」の為、変更しておきました。

 

ローカルサイトの表示

[VIEW SITE]ボタンを押してブラウザで確認しましょう。

 

デフォルトではテーマ「Twenty Seventeen」の画面が表示されます。

URLは「http://xxxxx.local/」となります。

 

WordPressの日本語化

インストールしたWordPressは、デフォルトでは英語環境となっていますので、日本語化しましょう。
[ADMIN]ボタンを押してください。

 

ブラウザでWordPressの管理画面が開きますので、各項目に先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力します。
「Username or Email Address」にadmin
「Password」にpasswordを入力。

 

管理画面左側の「Settings」から「General」をクリックします。

 

「Site Language」から「日本語」を選択。

 

ページ下部の[Save Changes]ボタンを押せば完了です。

 

WordPressが日本語化されました。

 

以上で作業は終了です。お疲れさまでした!

 

その他

ディレクトリ構成

・WordPressがインストールされている場所
C:¥Users¥ユーザー名¥Local Sites¥サイト名¥app¥public

・テーマファイルが格納されている場所
C:¥Users¥ユーザー名¥Local Sites¥サイト名¥app¥public¥wp-content¥themes
カスタマイズする場合はこの中のファイルを編集します。

 

機能

・データベース「Adminer」
データベース内部を確認・編集できます。

・サイトのSSL化
SSL化ができ、より本番に近い環境が構築できます。

・ローカルサイトの外部公開
LAN以外の外部からでもアクセスすることが可能です。

 

さいごに

管理しているサイトごとにPHPのバージョンやサーバーを変更できるはありがたいですね。
こんな便利なツールが無料だなんて、感謝に尽きます。

 


 

参考にさせていただいたサイト
WordPressローカル環境ツール「Local by Flywheel」のインストール方法と使い方

Web制作カテゴリの最新記事